復縁に失敗する人は、「有言実行」が出来ずに復縁失敗している

復縁に失敗してしまう人の共通項に「有言実行」が出来ないという性格があります。

 

復縁失敗者の多くは、

「やる」と言った事をやらない。

「やらない」と言った事をやる。

という事が非常に多いのです。

 

これは、復縁失敗者自身が、「有言実行したくない」と思っているわけではありません。

復縁失敗者の多くは、感情が先走ってしまい、良く考えずに復縁相手にメールや電話を送ったりしてしまいます。

 

復縁失敗者の多くは、

良く考えずに「やる」と言ってしまっているのですから、やれません。

良く考えずに「やらない」と言ってしまっているのですから、やってしまいます。

 

復縁失敗者は、一時の感情を制御できない傾向が強いので、感情が先走って無意識に「やる」「できる」と言ってしまうのです。

 

これでは「狼少年」と同じですから、復縁相手からはもちろんの事、他人から信頼を得る事は出来ません。

 

当然、復縁にも成功できず、復縁に失敗してしまうという結果になってしまうのです。

 

 

有言実行して、復縁失敗ルートに乗らず復縁成功率を上げる為に一番簡単な方法とは

復縁成功率を上げたい、復縁失敗したくないというお気持ちがあるのであれば、「有言実行」を心がけましょう。

 

やると言った事はやりましょう。

やらないと言った事はやらないようにしましょう。

 

有言実行というのはただそれだけの事です。

ただそれだけで他人からの信頼感も増し、復縁成功率はアップします。

 

復縁に失敗しない為に、有言実行する具体的な方法は、「やると言わない」という事です。

実はこれが最も効果的な方法です。

 

すべてに対して「やれないかもしれない」「出来ないかもしれない」と言いましょう。

 

そして、しっかり「やる」のです。

 

最初から「やれないかもしれない」「出来ないかもしれない」と聞いていた相手は、あなたが「出来ない」と言った事を実行した時に、あなたの事を大きく見直します。

 

「やれないと言っていたのに、やった」

「出来ないと言っていたのに、やった」

という評価があなたには下されるので、あなたの信頼度はアップします。

 

そして、万が一「出来なかった」としても、あるいは「やれなかった」としても、「やると言ったのにやらない」「出来ると言ったのに出来ない」よりは、好感度が上がります。

 

一番良くないのは「やると言ったのにやらない」「出来るといったのに出来ない」という事です。

 

これでは単なる狼少年です。

狼少年は他人から信頼されません。

当然、復縁の成功率は下がりますし、復縁に失敗する可能性も高まります。

 

ですから、「最初から、やる・出来る、と言わなければいい」のです。

 

その上で「やってみせる・成し遂げてみせる」のです。

 

そうすればあなたの評価は大幅にアップするはずで、当然復縁成功率もあがるでしょう。

 

 

投稿者:toukai concierge