名古屋の復縁コンシェルジュ復縁メール法則Ⅰ  「余計な一言を付け加えない」

復縁メール例文集
復縁メール術

復縁メール法則Ⅰ
《余計な一言を付け加えない》


復縁メール術として重要な事は、余計な一言を付け加えないという事です。

 

男性脳はロジカルです。

頭の良い男性であればあるほど、また、優しい男性であればあるほど、「相手にとってプラスの発言をしてあげよう」と思ってしまうものです。


しかし、ほとんどの女性は、男性からのこの様な「ひとこと」は「余計な事」だと感じてしまいます。

あなたが男性であれば、復縁メールを作成する場合には必ずこの原則を念頭に置いて下さい。


男性は、相手にとって良かれと思っていいアドバイスや一言を付け加えてあげようとしているのに、女性はそれをそのまま受け取りません。

 

復縁を目指すあなたは、男性脳と女性脳の違いを明確に把握して下さい。


男性脳は論理(ロジック)で動いています。

女性脳は感情(エモーション)で動いています。

 

復縁を目指すならこの大鉄則を常に意識しておく事が重要です。

 

この男女間の根本的な違いがあるので、男性の「ひとこと」を女性脳は受け入れてくれないのです。

 

復縁を本気で目指すなら、「余計なひとこと」は付け加えないというマインドを持ちましょう。

 

 

復縁メール法則「女性とは言葉のキャッチボールではなく、感情のキャッチボールをする」

復縁メールの基本
復縁メール法則

では、この事を念頭に置いて復縁メールを作成する場合は具体的にはどうすればいいのでしょう?
 

 

余計な一言を付け加えない復縁メール作成術は非常に簡単です。
 

 

「適当に返事を返す」

これだけです。


驚きましたか?

しかしこの復縁メール法則は本当に重要なので、頭に叩き込んで下さい。
 

 

「適当に返事を返す」です。
これなら誰にでも出来ますよね?

何も難しい事はありません。
 

 

さらに具体例を見てみましょう。

あなたが復縁したいと思っているお相手から「最近会社で上司がウザくて大変だよ。私のミスじゃないのに責任を取れとか言われてさ。どうしたらいいと思う?」というメールが来たとしましょう。
 

 

あなたはこれにどう返信しますか?
復縁コンシェルジュとしては例としてはこの様に返します。
 

 

「マジで?ムカつくよねそういうの!どうしたの?」
以上です。
 

 

それ以上の言葉は、女性には論理的過ぎるのです。
 

 

男性であれば、「こんな事があったんだけどどうしたらいいと思う?」という質問に対して、「どうしたの?」と聞き返すのは、論理的には完全に破綻した会話だと感じるでしょう。

会話のキャッチボールが成り立っていません。

 
しかし、女性にとっては確かに会話のキャッチボールは成り立っていないけれども、「感情のキャッチボール」が成り立っているので、全く問題ないのです。

 

女性からの「どうしたらいいと思う?」は、別に質問をしているわけでも、解説やアドバイスを求めているわけでもないのです。

単なる接尾語だと思って下さい。

意味はありません。

上記の様な返答をした場合、相手女性からはもう少し詳しい説明メールがさらに返信されて来るでしょう。

そのメールに「どうしたらいいのかわからないの。教えて」であるとか、「あなたならどうする?」という様な「直接的にアドバイスを求める文章」が含まれていたら、そこで初めて少し論理的なアドバイスをする様にしましょう。

余計な一言が、あなたの評価を大きく下げてしまいます。
一言付け加える前に、「今、その一言を付け加える事に意味があるのか」「この一言は女性の脳を喜ばせるひとことなのか、そうではないのか」という事を常に考える訓練をしましょう。

 

あなたが伝えたい事を伝えるのではなく、相手が喜ぶ事だけを徹底して伝える事が重要です。

余計なひとことは必要ないのです。

 

投稿者:toukai concierge

復縁に関して少しでもお悩みであれば、お手軽な無料復縁メール相談をご利用下さい。

※「docomo.ne.jp」の一部のアドレスや、「i.softbank.jp」のアドレスは正常に送受信できない場合があります。昔から長期的に使っているメールアドレスはEメールの国際基準に準拠していない(「.」や「-」が多い・大文字が使われている等)場合があり、メールサーバーが正常に認識できません。

GmailやYahoo!メールが最も確実です。

GmaiやlYahoo!メールでの登録をおすすめします。

メモ: * は入力必須項目です