2016.12.4 復縁成功や恋愛を長続きさせるなら切り替え力の重要性を意識しよう。

気持ちを切り替えて明るく元気で楽しい恋愛を!
気持ちを切り替えて軽やかに生きれば復縁できる

復縁に成功するためには、自分の未熟な性格を少しでもより大人な性格に近づけなければなりません。

 

そのためのポイントはたくさんありますが、今日は「切り替え力」に関して説明します。

 

小さな子供は、切り替え力が非常に高いです。

嫌な事や思い通りにならない事があって泣いてしまっても、しばらく時間が経てばそんな事はケロッと忘れてしまいます。

 

また、子供はお父さんお母さんに怒られても、「お父さんお母さん嫌い!」という感情をいつまでも引きずる事はありません。

 

数時間後、早ければ数分後にはもうその「嫌な感情」は忘れてしまいます。

 

でも子供は「怒られた内容」を忘れているわけではありません。

お父さんお母さんから怒られたら、その後は同じことをしないように注意して行動します。

 

これは子供の驚異的なチカラです。

「怒られた内容は覚えているけど、怒られた時に嫌な気持ちだけ忘れる事ができる」

なんて、本当にものすごいスキルなのです。

 

この純粋無垢な切り替え力は、大人になるにつれて失われていきます。

とくに恋愛がなかなか上手くいかなかったり、復縁に成功できないタイプの人の切り替え力は、ほとんどゼロに近くなっています。

 

切り替え力が低い人は、誰かと喧嘩したらずっとその人を恨みます。

嫌な事があったら、その嫌な気持ちをいつまでも引きずって、周りにまき散らします。

 

例えば会社で嫌なことがあったら、そのイライラをずっと引きずって、彼氏や彼女に対して「イヤ~な雰囲気」を出してしまったりします。

恋人と喧嘩したら、1日たっても2日たっても不機嫌なままというケースもありますね。

 

この様な「切り替え力のなさ」は、あなたの恋愛や人生を、本当につまらないものにしているのです。

 

恋愛で考えてみましょう。

 

そんな風にいつまでもマイナスの感情を切り替える事ができず、「イヤ~な雰囲気」をいつまでも出し続ける人と、将来に渡って仲良くできると思いますか?

結婚したら楽しい結婚生活が出来そうですか?

 

出来ないですよね?

 

特に「男性」なのにこれをやってしまう人は致命的です。

 

女性はある程度の年齢になれば必ずと言っていいほど「結婚」を考えています。

結婚したら、昼間の仕事の時間を除いてはずっと一緒に生活するわけです。

その時に、一度喧嘩しただけで、その後も数日間にわたって「イヤ~な雰囲気」を出し続ける男となんて、結婚できるはずがありません。

 

絶対に無理です。

地獄です。

 

ですので、女性はその様な性格の男性とは絶対に付き合いません。

 

もちろん、あなたが女性であっても同じことです。

男性(元彼)の気持ちになって考えると、「会社で疲れて帰ってきても、数日前の喧嘩のイヤ~な雰囲気がまだずっと続けている女性」となんて結婚できるはずがありません。

絶対嫌です。

 

「切り替え力の高さ」は、復縁を成功させるため、恋愛や夫婦関係を長続きさせるためには非常に重要な要素なのです。

 

嫌な事があっても、気持ちを切り替える練習をしましょう。

 

切り替え力がない人には復縁は難しいです!

 

 

2016.12.20 復縁自分磨き:「謝罪力」を高めて気持ちを切り替える。

謝罪力を高めるのは簡単
謝罪力を高めて気持ちを切り替える

恋愛的な切り替え力を高めるための具体的な方法をお伝えします。

 

私が実践しているのは、

「気まずくなったら、先に自分が本気で謝罪する」という事です。

 

簡単そうですが、おそらく普通には実践できないと思います。

 

「先に自分が謝る」って、できますか?

 

会社の上司や目上の人間になら、仕事ですから自分から謝る事は出来るでしょう。

しかし立場が同じ人間や、付き合っている異性、自分より立場が下の人間に対して「先に謝る」ってできますか?

 

非常に難しいのです。

 

そこで、先に自分から謝るための秘密の思考方法をお伝えします。

 

「それは、先に誠意ある謝罪をしたら勝ち」という価値観を身に着ける事です。

 

なぜなら、「先に自分が誠意ある謝罪をした後に、もし相手が不誠実な対応やムカつく対応をしてきたら、その時は自分の立場が強くなる」からです。

 

もちろん、誠意ある謝罪をすれば相手の方も軟化して「こっちこそごめんね」と言ってくる可能性が圧倒的に高いです。

これはこれでOKですね。

 

しかしもし、誠実に謝ったのに「お前は本当に自分が悪いと思っているの?」などという嫌味な発言をもしされた場合、

自分は、「こっちは本気で考えて、そっちと仲直りしたいと思って誠心誠意謝ったのに、この期に及んでその言い草はなんだこのやろう!」と言えるわけです(笑)

 

それに対して相手がさらに、「ほら、自分が悪いって事がやっぱりわかってないじゃん」と言われたとしても、

「さっきの件は100%こっちが悪かったけど、今問題にしてるのは、誠心誠意頭を下げて謝った相手に対して、「本当に自分が悪いと思ってるのか」という調子に乗った発言をしたお前の不誠実さだ!謝った相手に対して上から目線でその誠意を足蹴にした事に対して謝罪しろ!」

と言えます(笑)

 

この様に、世の中は実は、「先に謝った方が有利」なのです。

 

先に謝ってしまえば、あとは相手がどういう対応をしてくるか、心の中でニヤニヤしながら見ているだけでいいのです。

 

私はこの感覚を手に入れてしまったので、だいたいの場面においては先に自分が謝ります。

 

これが「切り替え力」を高める具体的な手法①、ですね。

 

この時に、大きな声で、反省して、誠実に、「あなたと仲直りしたいんだ」という気持ちを持って謝罪してみて下さい。

 

そうすると、相手方も気分を切り替えて、仲直りしてくれるはずです。

 

切り替え力を高めるもう一つの簡単な方法もあるのですが、それは来年のブログで紹介しましょう。

 

良いお年を!

 

 

 

ネット復縁工作の詳しい説明はこちら

TwitterやFacebook、Instagramを使って元カレ元カノに接触し、復縁に誘導するネット復縁工作の詳しい説明はこちらから。

復縁無料相談はこちらから

復縁コンシェルジュ本人が相談回答します。

復縁無料メール相談はこちらからどうぞ。